Processing Tutorial

準備

  1. Processingの基本 [ setup(), draw() ]
  2. 「Color Selector」の使い方

絵を描いて遊ぼう

  1. 基本的な図形を描いてみよう
    [ size(), smooth(), background(), stroke(), strokeWeight(), point(), line(), rect(), fill(), noFill(), ellipse() ]
  2. アニメショーンを描いてみよう
    [ frameRate(), ellipseMode() ]
  3. 画像ファイルを貼付けて動かしてみよう
    [ PImage, loadImage(), image() ]
  4. たくさん図形を描いてみよう
    [ rectMode(), random() ]
  5. クラスを作ってみよう
    [ PVector, ArrayList ]
  6. キャラクタを描いて動かしてみよう(座標変換)
    [ translate(), rotate(), pushMatrix(), popMatrix() ]

キーボードとマウスを使ってみよう

  1. スペースキーを押したら画像を保存するようにしてみよう
    [ keyPressed(), save() ]
  2. マウスでクリックすると青色の点をうつようにしてみよう
    [ mouseClicked() ]

画像処理をやってみよう

  1. PImageのことを少し勉強してみよう
    [ color, colorMode(), red(), green(), blue(), PImage, loadImage() ]
  2. クリックしたピクセルのRGB値を表示してみよう
    [ noLoop(), mousePressed() ]
  3. カラーラベリングをやってみよう

ビデオキャプチャをやってみよう

  1. ビデオカメラで撮影している映像をウインドウに表示してみよう(工事中)
  2. ビデオ画像をカラーラベリングしてみよう(工事中)

3Dグラフィックスをやってみよう

  1. 立方体と球を描いてみよう(工事中)

音を鳴らして遊ぼう

  1. 効果音を鳴らしてみよう
  2. ドレミを鳴らしてみよう

シリアル通信で送信されてくるデータをプロットしよう

  1. 送信されてくる1バイトのデータをプロットしてみよう
  2. 送信されてくる2バイトのデータをプロットしてみよう
  3. 送信されてくる2バイトの2つのデータをプロットしてみようNintendo DSのタッチスクリーン用
  4. 送信されてくる2バイトの3つのデータをプロットしてみよう3軸加速度センサ用

免責事項

当サイトでは、出来る限り正確な情報をお伝えできるよう万全の努力をしておりますが、内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではありません。また、当サイトの情報を利用した結果について一切の責任を負いません。

back to home